“STOP!再処理 ネットワーキング”に賛同し参加する。

坂本龍一氏のブログを読み、事実を知りながら、何も出来ないでただただショックをうけていたけれど、友人のブログを読んで自分にもできることがあるのだと知り、私も参加します。

STOP!再生処理ネットワーキング

なんと、六ヶ所村の再処理工場からは、1日で通常の原発から出る1年分の放射能が、大気と海にたれ流しされる。

不勉強なので詳しいことはよくわからないけど、すっごく身近なことで三陸沖の海の幸が・・・。

しかし、もちろん海の幸だけの問題ではない。私達自身の生活の基盤が脅かされるのだ。
知らず知らずに・・・

本当にこんな施設が必要なのだろうか。
私達だけではなく、未来の人たちだってもちろん必要ない。
反対します。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-04-17 18:52

風の音も春になった

昼間に吹く風の音とか感じがすっかり春だ。あたたかい風の音がする。

今週からいよいよ新学期。ぴちぴちの大学一年生が初々しいですのぉ~。
あんなにぴちぴちされると、すっかりご隠居気分になってしまう。
新学期特有のそわそわした雰囲気が学内に蔓延している。
学内地図とにらめっこしているぴちぴち(しつこい)した学生がうろうろしてたり、
生協には辞書がたくさんつんである。あまたある授業の教科書もた~くさん積んである。
ああ、春だね~、新学期だね~。

今年から師匠(指導教官)の学部の授業のTAを初めてすることになった。
主に一年生を対象とした、基礎講義なのだけど、いきなりけっこう専門的な事を話していた。
しかも、私の師匠は資料をたくさん配るけど、板書はしない。
こういったいかにも大学的な授業の進め方で、しかもけっこう専門的な授業。っていうのはぴちぴちちゃん達にどう受け止められたのだろう。
今の私にはよく分かるけど、昔の自分はどうだったのだっけ?なんて思い出してた。

私が大学一年生の時、大学の講義はわけわからん事だらけだった。
「なんだそれ!?」っていう事の衝撃。
しかも、先生はただただその分からない事を話し続けるだけ。。。
自分が知らない世界が無限に存在することを思い知らされた瞬間の数々。
それはとても怖い感じだった。世界が知らないことダラケなのだ、という事実を受け入れられない幼い自意識過剰の自分自身。。。だって自分が考えていた自分が今ある「世界」が喪失する感じだったのだ。
そりゃ怖いものだったよ。

そんな事まで思い出しちゃった。

今は「世の中私の知らないことだらけなのだ」って思えるから(学習の成果)、心を開いてわりとなんでも受け入れられるけど、そうなるまで時間がずいぶんかかったんだな~。
気が付いたらこの大学にもずいぶんおりますが、ぴちぴちちゃん達から、師匠からでも学べない何かを教えてもらったような。

春ってやっぱりなんか特別な感じ。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-04-14 17:49 | 日録

寒い・・・

今日はお天気悪いから、まあしょうがない。という気分になるけど、
昨日は晴れてたけど、寒かった。
良い天気だったので、名残の桜を・・・と、お弁当を会社の近くの河原で食べようとウキウキで出かけたものの、あまりの風の冷たさに桜の木の下のベンチでご飯を一口食べただけで撤収。
f0085972_18565847.jpg
うーん、こうみると寒そうだな(笑)。河原には結構な人がいたけど、みんな背中が縮こまっていて
我慢大会みたいだった。風がびゅーっと吹くと、おにぎりや飲み物を持っている手が一斉に凍るんだもの。早春賦の歌詞が身にしみた。





とにかく今年の冬は寒かった~。
でも、マクロビオティックをはじめてから、初めて迎える冬は大変寒い。と本で読んでいたし、
その上、今年は寒い。ときいていたから覚悟はしていた。

・・・でも、今はそんな冬よりも、なんともしがたく寒い。
だって、もう寒くってもダウンとか着れないもの。なのに、かなり冷える。
そりゃ着ちゃだめって決まりはないから、着てもいいのですけど、ささやかながら持っている
私のお洒落心が許しません、そんなこと。
だからもうやり場のない寒さが私にまとわりついてくる、って感じ。
最近からだが筋肉痛気味です。きっとついつい寒くて身体がこわばっているんだと思う。
ダウン着たい・・・。

朝すれ違った中学生達なんて、ぺらんぺらんのジャージ着て、ニコニコしながら歩いていたけど
だれも「寒~い」って感じじゃなかった。どーして!?

f0085972_15573544.jpg










我が家の花海棠も満開。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-04-07 19:56 | 日録

はじめまして

マクロビオティックをはじめてから約一年。
はじめた・・・といっても、そんなに厳密に完璧に実践しているわけでは、ございません。
それでも、びっくりするような変化を心もからだも感じています。

毎日の生活の中で、そういった変化とか気づいた事を忘れぬように、
ブログをはじめようと思いました。

ま、気づいたことを綴るだけなら日記でもいいわけですけど、マクロビオティックを実践するのは
現在の私にとっては、やればやるほど「はまる」おもしろくって、楽しい事である一方で、
孤独な事も多々あるわけで。
だから、マクロビオティックを実践している誰かと繋がっているような気持ちになれるブログは、
ノートに書き付ける記録もより楽しいかな、って思った次第です。

ブログのタイトルは

あぁ。「忘れない。」を、
さぁ。忘れないぞ。

という、フレーズが、私にはとても印象的である
100sの「いきるもの」から、まんま名付けちゃいました。
今の気分とか、この曲に関するいろいろなタイミングとかあって、
これでしょっ!って気分でした。

ただいま、会社員と文系の大学院での学生という二足のわらじを履きながら、
都内で妹と二人暮らしをしつつ、できるだけマクロビオティックを実践しています。

というわけで、マクロビオティックに関する日記のような、そんなブログにしてゆくつもりです。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-04-06 15:25 | ごあいさつ