観ました。

あ、サッカーじゃないですよ。あっちもなんか大変みたいですが、世の中はもっと大変なことになっているようで。。。

いろんなブログなどで話題になっていたNスペ「好きなものだけ食べたい」の再放送。
見逃さずに観れた。

確かに、ある意味衝撃だった。家族とは一緒の食卓にいながら、別の食事をする子ども(しかも冷凍食品)、肥満すぎて、家族では手に負えず入院させられた子ども達とその家族、朝ご飯が菓子パンの家族など。。。
最初のウチは「この家族の人たちなにやってるんだろ~」なんて、驚き呆れながら、観てたけど、見終わった感想はただ一つ。

ここに出ていた人たちは被害者じゃんっ(怒)!!!

ということだ。選ぶ方も選ぶ方っていえば、それっきりだけど、そもそも、彼らのような食生活をさせる食べ物しか普通に流通していない状況ってどういうことなんだ???

劇薬買うには身分証明書がいる。
銃を持つには資格がいる。
お酒は二十歳になってから。
あ、タバコもね。
深夜労働とエッチなものは18禁(笑)。

毒になるものには、いろんな規制があるけど、ジャンクな食べ物の毒に関しての規制は皆無に近いのでは。確かに添加物なんかでは規制されているけど、その規制だって、各国に比べれば日本はゆるゆるだっていうじゃないですか。

今日もお昼にランチの材料を買いに会社の近所のスーパーへ行ったけど、マクロビオティック的な視点で購入できる食品なんて、1%ぐらいだからね。つまり残り99%は、マクロビオティック的な視点で見れば、なんらかの害がある、とされている食品ばかりなのだ。有機の野菜は小松菜とほうれん草と人参と生姜だけ。これじゃあ献立タテラレナイ・・・。お昼時間だから、レジに並ぶと、買い物客は、ほとんどが主婦の人たちなんだけど、かごいっぱいに入れられた食材は今の私には目を覆うようなものばっかり。。。ヤ○ザキのいつまで経ってもカビの生えない食パンとか、とっても美しいバナナとか、牛乳とかジュース、お菓子、冷凍食品(今日は全品4割引だから、まあじつにたくさん。)。。。

でも、こういうのしか売っていないんだから、しょうがないじゃん。

きちんとしたところの通販をすればいい、というのはごもっとも。私もしている。だけど、そこまでしなきゃならないってやっぱオカシイんじゃね?

テレビでは、肥満の子ども達が入院最終日近くになって、食べなかったお野菜をちゃんと食べるようになった。とか描かれていたけど、子どもが100%悪いのか?それとも無理矢理でも食べさせない親が悪いのか?

まず、野菜そのものに問題あるんじゃないの?

永田農法でおなじみの、あの永田照喜治さんは、子どもの野菜嫌いは子どもが悪いわけではなく、まずい野菜を子どもは本能的に避けている、と言っている。だから、永田農法で作った安全で、栄養価の高い野菜だと子ども達はパクパク食べるそうだ。永田さんの事はこちらこちらなんかでよく分かるかと。

私だって、スーパーの野菜は食べないもの。食べてもまずいし、恐ろしくて残しちゃうかも。
実際、テレビでは子ども達に野菜を作らせている四国の小学校を紹介していた。自分たちが作った野菜を使った給食は残飯が皆無に等しいものだった。これは野菜に対する愛情とかいろいろあると思うけど(私もにわか家庭菜園者なので良くわかる!)、とんでもない農薬や肥料なんて使ってないでしょ?しかも身土不二(校庭で作ってた)でとりたて新鮮!の野菜の給食。おいしいにきまっているよ。

あと、菓子パンだけの朝食の家庭。

お母さんがアホだというのは簡単だ。
しかし、早くに夫を亡くした為に母親が、生活のために夜遅くまで労働せざるを得ない状況のため、夜更かし型の生活時間が影響して、子どもが朝食を食べないといっていた。そういった家庭でも安全で手軽に食べられる食材や、加工食品がスーパーで手軽に買えたらどんなにいいのだろう。

あと、家族と別に冷凍食品を食べていた子供の家も父親の不在をなんとなく、暗示していた。子供に罪悪感を感じている家族が子供を甘やかせていたりしているのではないのかな~。なんて想像しちゃったりもした(これは落語「湯屋番」の若旦那以上の妄想かもしれないけど。。。)。

などなど、とにかくテレビをみながら、
そういうの食べてる人がいるんですよ~。と紹介される人々を観つつ、
えー、信じらんな~い(ちょっとバカにしつつね)。

的なノリから、

テレビに出ていた人々すべての背後にある、しいては私達自身を取り巻く、食と社会そのものの、構造的な問題の重さを突きつけられて、私は怒りの心に変わっていった。

私達が簡単に手に入れられる食品は、こんな食べ物しかないのが現状なのだ。
農薬だらけの野菜・添加物だらけの食品・いつまで経っても腐らないコンビニのお弁当・不自然に育てられた肉・質の悪い砂糖だらけのお菓子・飲料水・カップラーメン・レトルト食品・冷凍食品などなどなど。。。。。

結局、

こういう食べ物を売らなくなっただけで、世の中ずいぶん変わるんじゃないの?

ということを私は思うに至った。
ずいぶん、勉強させてもらいました、さすが腐ってもNスペでした。こういった食べ物を作っている会社から、たくさんたくさんお金をもらっている民放には制作できません。
少しでも、こうした意識が多くの人に共有してもらえれば、いいな。私にできることって何かあるのかな。ちょっとでも役に立てたらいいのにな。

だいたい、憲法で保障されている、人としてちゃんと暮らしてゆける権利、を犯しているよ~、スーパーにあるような食品って。憲法違反で誰か訴えればいいのに。。。こりゃ行き過ぎか。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-06-14 15:41 | まくみち。

えーッ!!!

六月の初めに、初めて松本先生に望診していただいたら、

「お砂糖の取りすぎですね。」

と言われました。甘い物は昔からやめられないっ、ってほど好きではなく(確かにいただきますけど)、強い陰性の摂取は酒一本!って感じだった私(爆)。だから、砂糖製品にそれほどに身に覚えがないのに~、と言われたときは思ったのですが、「あ、あれだ」と、一つだけ思い当たる節があったのです。。。

f0085972_13592049.jpgf0085972_1418037.jpg













梅酒でございます。三年前に仕込んだ梅酒を5月末の日曜日に解禁しました。実家で取れた梅を、NHKテキスト「今日の料理」のレシピで。マクロビオティックのマの字も知らなかった時代の遺産です。手作り=安全・おいしい、って考えてた、お気楽でおバカな時代。
材料は

・梅
・ホワイトリカー
・氷砂糖

以上。
激ウマではないけれども、自分で作ったものだし、元来酒好きなので、なんとなく癒される感じで、解禁以後、ほぼ毎晩帰宅後、湯呑みでストレートを(あんた、35度だよ)・・・。氷砂糖がけっこう入っているお酒を、大量ではなくても毎晩飲んじゃってたから、それだなあ。なんて考えて、それから飲むのをとりあえずやめてます。

松本先生は手相を中心に望診されたのですが、砂糖を取りすぎている人は指の関節のところにある筋が青くなるそうで、私の指はまさに「それ」でした。氷砂糖ってふつうの砂糖より、さらに化学の手が入っているような感じでそりゃ悪いよな、なんてそれなりに、納得しちゃってたのです。

・・・が、犯人はそれだけではなかったのですわ。

これがまあ、びっくり仰天な事実を今知っちゃいました。
35%のホワイトリカ-で梅酒を作る。
これは砂糖精製後の廃糖蜜とよばれる真っ黒な液体から作られるので
気持ちが悪いから、ホワイトリカ-で漬けないと言われる方がふえてきました。
もともとホワイトリカ-と呼ばれる甲類焼酎は、昭和10年に飲用として認められるまでは、
工業用アルコ-ルとして 使われたものなのです。

えええええーっ!!!ホワイトリカーってこんなもんでできているのかよ~!!!
そりゃ湯呑み半分ぐらいの梅酒だって、ものすごく質の悪い砂糖の取りすぎになっちまうべ。お~ら、びっくりこいたぁぁぁ。であります。

引用元はこちら梅酒特集 。


これって桜沢先生の本にあった、イーストで出来たパンをなぜ食べてはイケナイのか。という理由と似てるんじゃないのかしら?それともまったくもって同様?いや、それをまんま飲んじゃうから、それ以上に良くない、どう考えたって。。。と、なにわともあれ激しく納得。イーストについては、大地のサイトにこんなのが、ありますので、ご参考までに。

ホント、そりゃ私の指筋も青くなるわな~。
6/9現在だいぶ筋に赤みが戻ってきました。お~コワ。

ちなみに、なんでこういった事を知れたのかというと、毎年毎年この季節は梅干しを漬けておりまして、それと一緒に、今年は砂糖を使ったおっそろしい梅酒(笑)じゃない、安全な梅酒も仕込もうとネットサーフィンしてたら見つかったわけです。

それにしても、化学的に合成されたり、加工されたものって、本当に本当に体に悪いのだと実感してます。この件にしてもそうだし、他にもいろいろあって。。。これはまた近いウチにアップできたらいいなあ、って思ってますけど、まあ私のことだから、いつかな~。。。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-06-09 17:00 | まくみち。

5月ももうおしまい。

早いもので、もう五月も今日で終わりだ。あっとういう間に過ぎた感じがするけど、GWの事が遙か彼方に感じられるような気持ちでもある。なんだかんだいろいろあったよな~、思い出せば。たぶんもう少し経ってからの方がその重みは分かってくるだろう。

ま、それはそれとして、そんな中で、私的5月ニュースベストテン第一位はなんといってもブッチギリで『家庭菜園を始めたこと。』につきる。GW最終日の5/7に始めた家庭菜園。翌日から悪天候続きで、なんでも記録的な日照時間の短さみたいで、どうなることかと思ったけど、約三週間経過してみんなそれなりに育ってきてる。f0085972_18182965.jpg
f0085972_18213194.jpg


トマトも実が1つだけどちゃんとなっていて、日々大きくなってるし、ピーマンはあんまり背が伸びていないのに、たくさん花をつけはじめている~!ナスもすくすく育っていて、7日に蒔いた水菜もかぼちゃも発芽してます。
f0085972_18252556.jpg
f0085972_18282882.jpg










かぼちゃの写真は撮るの忘れてた~。
他にもついつい、楽しくなってしまい、いろいろ育て中。整理してみると
・トマト1(5/7に定植した銘柄不明のもの)
・トマト2(桃太郎、5/14追加分)
・トマト3(ミニトマト 5/14追加分)
・ナス(5/7定植)
・ピーマン(5/7定植)
・きゅうり(5/14追加分)
・かぼちゃ(5/7種蒔き)
・水菜(5/7種蒔き)
・ねぎ(5/21種蒔き)
・枝豆(5/12種蒔き)

その他、これからミニキャロットとミニ大根もやる予定♪
紫蘇と三つ葉は放任で(笑)。
ねぎはプランターでもちゃんと育てると何年も継続して収穫できるそうで、速攻取り組んだ。

f0085972_1924984.jpg


発芽の仕方がめちゃんこかわいい。おじぎをしているみたい。萌葱色って読んで字のごとく葱が発芽したときの色のような色をさすけど、本当にきれいな色。いっちょまえに、鼻を近づけると葱の香りがする。間引きした時は納豆にいれよう。

家庭菜園は、想像をハルカに絶して、とてつもなくも楽しい。朝起きたらすぐ庭へ。家に帰ってからまた庭へ。これがものすごい楽しみでしょうがない。ついつい庭に居ついてしまうぐらい。時の経つのを忘れちゃう。見ているだけでしあわせ~。になってしまう。本当に本当にすんごい楽しいのだー!!!食いしん坊なゆえ、食べたくて育て始めたが育つ過程そのものに、楽しませてもらい、癒されもしている。

しかし、毎日毎日お世話をしているけど、不思議なことに

育ててあげてる。

って気持ちがまったくおきない。
植物は植物自身で育っている。私にはお水をあげたり、数日おきに液肥をあげたり、虫が付いていたらお箸で(笑)とってあげたりすることはできても、肝心の花を咲かせたり、実をつけさせることはできないのだ。植物たちが自ら育っている。それを私はささやかながらお手伝いをしているだけ。

こんな当たり前のことを今初めて知っているところ。

猫の額のような庭ながらも、こうして植物とかなり一生懸命にお付き合いをするようになって、改めて自然の神秘を感じ、畏敬の念を抱くほどに。。。こう書くとなんだか大袈裟な感じでくすぐったいけど、本当なんだからしょうがない。

タネも仕掛けもない。永田先生オススメの栄養分ゼロの土の中に植えた植物たちが、どういうわけだか、毎日毎日大きくなるのだ。本当に見れば見るほど不思議な事に思える。そしてまあ、虫さんたちもたくさんいること。どこでかぎつけてくるんだろう?いろんな虫さん達がやって来ます(あえて写真は撮らないけど)。今までも来ていたのかもしれないけど、すごく注意をするようになってるわけだ。これも自然界へのまなざしだよね。

そして今までより大きく天気や自然のこともキャッチするようになっている感じ。このごろの天候であると、雨が降っていると「あ~、また雨なのか」という思いが、自分だけが嫌っていうのではなくて、「これじゃあ植物達も嬉しくないよ」とか、本業で農業をされている方なんて、私の比じゃないぐらい、心配で憂鬱になるんじゃないかなあ、とか。

だから食べ物に対して、よりいっそう「有り難い」気持ちがわいてきた。

育てる、というのは本当に学ぶことが大きいな。きっとペットを飼っている人たちにはその人達なりの、やはり見えなかったものが見えるようになる事があるんだろうな。ましてや、子どもを育てるなんていうのは、とんでもないぐらいの学びや驚きやらいろんなことがあるのだろう。

ただ、植物っていうのは動物のような反応がないぶん、子どもやペットでは体験しないような、自然とダイレクトに繋がる感じや詩的な情緒があることも否めない気がする。エゴもあんまりわかない。確かに人間も動物も自然の一部なんだけど、そうじゃない何かが。だって、地球だってお日様だってお月様だって、ないたりしないし、しっぽふらないし、物言わぬから。

マクロビオティックってすごいな、こんな風に私がなっちゃってますよ~。
とにかく、感謝の気持ちがたくさんふくらんだ5月です(急にですます調(笑)。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-05-31 20:09 | あぐり

血が汚れちゃうから。。。

このごろ、お付き合いの席なんかで食べ物を選ぶときに「これ食べたら血が汚れそうだからやめよう」という判断をするようになってきている。ビジュアル的にきれいな川が濁っちゃって淀んじゃうような絵が浮かんで、やめる。失敗しちゃうときもあるんですけど(笑)。なんとな~く、経験値があがってきている実感がある。頭で理解して、理屈で自分を規制するのではなくて、体がちゃんと反応して避けている感覚。直感で。っていう域にはまだまだ達していないけど、こんな感覚が割と定着してきてる。

マクロビオティックを始めて、ほぼ一切動物性食品を取らなくなって半年ぐらい過ぎた頃から、革製品を持つことが嫌になっちゃってびっくりしたんだけど、それって体の表面の反応で、このごろの川が濁るような感覚は、内部の変化を感じるんです。確かに、以前から駄菓子とか食べちゃってから、「あー肩はっちゃった」とかあったんだけど、分かっちゃいるけど、やめられない、っていうのかな、良くないって分かっていながら食べたい欲望と雰囲気を壊したくない気分の両方に勝てないことが多かった。で、体は「ほらダメでしょ」ってもう反応しているのに、食べた後の反省になる、という。。。でも、最近はなにげな~く、「がまんっ!」っていうのじゃなくて、「これ、いらな~い」って食べないでやりすごせるようになっている。なんか嬉しい。

ただ、人間だからなにかの拍子に「くぅ~、汚れやるぅ~!バカヤロー」と食べる時もまた来るのかな。バカヤローってなんかいきおいで書いたけど、大島渚かよ、私。
ともあれ今のところは悪くない感じ。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-05-30 18:32 | まくみち。

これはやってみよう。

マクロビオティックじゃない、ある事を習いはじめようか、どうしようか。。。
と考えながら、関連サイトを読んでいたら、桜沢如一先生の名前がでてきた。
あれま~。予想外の展開。スゴクうれし。
その他にもその記事には関連ワードがドサドサ。

これはやるしかないな~。と思った。
まずは扉をたたいてみよう。ワクワク。
[PR]
# by gabugabumaru | 2006-05-16 13:57 | 日録