カテゴリ:自作ごはんインスパイア系( 2 )

確かにちがう。

先日、オーガニックベースのワンデイでご一緒させていただいた、けろさんのブログで、お醤油や油には必ず火を入れる、ということを教えていただき、さっそく豆腐丼で試してみました。

f0085972_16195036.jpg

豆腐丼とはいっても、まあ玄米ご飯の上に豆腐のっけただの、料理と呼ぶのも気が引けちゃうような一品ですが、昨夜は黒米と黒豆入りの玄米ごはんの上に、豆腐屋ジョニーをスプーンですくってのせて、紫蘇と葱をのせました。薬味はもちろん庭のものです。葱は間引きを兼ねて収穫したもの。まだまだちっこいのに、味は葱そのものです(まあ、そりゃそうだよな(笑)。

火を入れたお醤油をかけて、さっそく実食。
ある程度予想はしておりましたが、うんまっ!すんごい美味しくなるんですね!舌のあたりがまったく違います!!!砂利が入った水と、そうじゃない水(飲み比べたことないけど)ぐらいの違いがあります。もちろん感触だけではありません、お味の方も、キュっと醤油のうまみだけになった、という感じです。雑味が取れるのでしょう。これだけ美味しくなるのであれば、一手間はぜんぜん惜しくありません。
まだ、やってない方には、ぜひオススメします。

余談ですが、この豆腐丼かなりヘビロテです。週に1、2度は食べちゃってます。
お下品な食べ方で恐縮ですが、昔は茶碗蒸しが大好きで、茶碗蒸しをごはんにかけて食べるのが、二個目(!)の茶碗蒸しの楽しみ方でした。それを思わせる食感なんですよね、これ。クリーミーでなんともいえない。そうそう、このクリーミーさが、ジョニーだと良く出るので、最近の豆腐丼はもっぱらジョニーを愛用。近所のダメダメスーパー(苦笑)にも売ってるし。海苔を散らすとさらにうま~。になります。

しかし、あんだけ好きだった茶碗蒸し、ぜんぜん食べたくなくなりました。茶碗蒸し好きだったので、当然、出汁が牛乳になっただけの料理、プリンも大好きでした。これもまた、食べたくなくなってます。不思議な気もしますが、一生分でもおつりがくるぐらい、卵を食べちゃったからなんでんでしょうか???クレービングの気配今のところゼロ。

ただのっけただけなので、インスパイアっていえるのか分からないけど、まあ自分の中では、今まで食べてきたごはんを偲んで(爆)の料理ってことなので、一応インスパイア系に入れてみた。
[PR]
by gabugabumaru | 2006-06-20 17:11 | 自作ごはんインスパイア系

手抜きトマトソースのパスタ

マクロビオティックのブログなんだから、やっぱ、こういうものないと(笑)。っていうばかりじゃないけど。。。

今日のお昼は会社で全粒粉パスタをゆで、ナチュラルローソンで購入した有機トマトソースに麦味噌とおととい炊いたひじきご飯を入れたトマトソースをかけた。

f0085972_1412114.jpgこのソースは、現在通っているWhole Foods Studioで、学んだ事と、習ったレシピに刺激を受けて作成。
こうやって人から学んだことや、外で食べた料理に刺激を受けて、新たに作った料理を総称して個人的に「インスパイア系」と呼んでいる。マクロビオティックを始めるまでは、現役ラオタ(ラーメンオタクの略)だった私ゆえ、ラーメン用語から拝借。今は年に数回しかラーメン食べなくなっちゃったけど、食に関する情報整理の技術として、ラーメンをとらえる概念がいまだに私の頭の中にあるのだ。とっても良くできているし、とんちも効いているのがよいのだなぁ~。何でも笑いがないとつらいのね、私は。なんといっても心の師匠の一人は高田文夫先生だから。他にもおもろい用語の代表例に「アトム」がある。あの鉄腕アトムの「ラララ、科学の子♪」からきていて、意味は化学調味料(これもまた「カチョー」と皆略ス)や、化学調味料たっぷりラーメンのこと言うんだけど、なかなかいいよね、マクロビオティックでもこういうのあるのかな?

あ、話逸れた。で、今日のは天野先生から昨夜学んだホヤホヤ知識を生かしてみた。陰の強いお野菜(トマト、じゃがいも、ほうれん草など)は、マクロビオティックではできるだけ避けますが、宅配野菜などでどうしても入る野菜を食べる際に、できるだけ中庸に近づけるようにする調理の工夫の一つとして味噌を使うと良いのだそう。これを早速生かして、トマトソースに味噌を入れました。

さらに、昨日のお教室では、蒸し野菜のソースとして、残り物の玄米ご飯を生かしたタルタルソースを習いまして、残りご飯の生かし方って主食的じゃなくて、ソースとかおかずになるんだなあって学習したので、残り物のひじきごはんを入れてみました。ソースが中庸に近づくし、ねばりもでて麺にからむし。こりゃいいや。結果美味しくいただきました。これなら、簡単だしなかなか満足感もあります。家でもやろっと。

今のところ一番家でやるのは私が名付けるところの「ゆみこインスパイア系」。大谷ゆみこさんのレシピを参考にしたものだ。勝手に呼び捨てで恐縮である上に、実は彼女の著作を一冊も持っていない(笑)。家の近所に「つぶつぶカフェ」があるのでそこで食べた、自分では考えもつかない、料理にインスパイアされて、家にあるその辺の材料で料理したりするのだ。再現に近い物あり、素材は異なるが発想方法に刺激されたり、その時々でいろいろ。しかし、大谷さん考案の料理を食べたことで生まれた料理ってことで、それらを「ゆみこインスパイア系」としているのだ。カフェには彼女の著書があるので、それをそこで読んでみたりもしている。雑穀料理が増えたのはまぎれもなく、彼女の影響。

しっかし、昨日のタルタルソースはホント美味だったな~。もうタルタルソースなんて心おきなく堪能できないと思っていたのに(好きだったけど、今は心から美味しいと思えないし、「卵だぁ~」とか考えたら楽しく食べられない)これなら安心。しかもウマウマ♪これにゆみこさんのレシピを生かしたフライとかを食べたら楽しいだろうな~。と夢はふくらむのでした。
[PR]
by gabugabumaru | 2006-04-19 14:47 | 自作ごはんインスパイア系