ちゃんぐむ魂だしたら血豆ができた。

お昼に近所のスーパーへ行ったのですけど、そこで目が合っちゃったんです。。。冷凍のチャンポンと揚げたてのアジフライに。チャンポンは4割引だったし、久しぶりに、ま、いっか。という気持ちと、体がどういった反応をするのかというちょいマゾな気持ち、ま、度胸試しみたいなものです。

で、食べました。

アジフライ2,3口食べてから、チャンポンを一口食べたら、なんとな~く「クラ~」っとしてきたんですよ。きっとアトムのせいだな、と思いつつも、でもまあおなか空いてたし、食べたけど、チャンポンを1/3行ったぐらいで、もう我慢の限界。やめました。ごめんなさい。。。そして、今まだお腹すいてないです。。。お腹が固くなちゃった感じがして。

麺もやばっ、って感じがビンビン伝わりました(笑)。うまく表現できないけど。
そして気がついたら、食事中に口の中の左頬側に血豆ができてました。びっくり。まだ食事中ですぜ。初めの一口から10分経ったか否かですぜ。確かに何度か血豆とは遭遇してますが、この早さ、未経験ゾーン突入な感じ。

そうそう、タイトルの「ちゃんぐむ魂」っていうのは、私の中で、「ヤバイ食べ物を実験気分で試す事」を指す。由来は、ちゃんぐむ、そうですあの「チャングムの誓い」のチャングム。彼女、前半で自分の体を使って、薬の効き目(漢方?ちゃんとは見てないので曖昧な記憶だけど)を試していた。で、そのせいで舌がダメになっちゃって、その後ずいぶんと苦労してたけど、そこまでやるか~!的な食に対する真摯で、体を張ったチャングムの心意気からまあ、そうやって名付けて、時折、邪食もね。ものは考えようだから。

ただ、食べちゃって「あああ・・・」ってするより、こうやって楽しんじゃうと、自己嫌悪に後でならない、という嬉しいオマケもついてきます。私の場合。

さらに、体はどうなるか、という観察だけではなく、それと同時にその反応で、自分がどれだけマトモな体になったかを確認できるし、そういう加工食品の恐ろしさを知る、いう意味合いもある。

だって、よくマクロビオティックをはじめたら、○○なものが食べられなくなった。とか、食べると鼻水が出る。とか見聞きするので、自分もそのレベルまで来たのかな、とか具合悪くなってつらいんだけど、そうなる自分が嬉しくもあったりしちゃったり。つまり、進級試験的な感じ。

だから、体が反応しちゃって、気分悪くなっても、ある意味すごく楽しい(笑)。あ、私進歩している、、、って分かる瞬間が何度も体験できるから。

マクロビオティックをやるために生きているわけじゃないじゃん、私。
私が思いっきり楽しく幸せに生きるために、マクロビオティックをやっているんだもの。

あ、この場合のマクロビオティックっていうのは狭義の解釈の方です、あしからず。

そして、最近はちょい前は割とへーきだったものでも、良い反応するようになってきているし、食べる前に避けられたり、いろいろなパターンがある。嬉しいね、こういうのって本当に。


とにかく、だから今日は速効血豆ができたので、それはそれで、嬉しかった。
というわけです。
[PR]
by gabugabumaru | 2006-06-28 19:22 | まくみち。
<< テスト 来ちゃった来ちゃった >>