脱皮完了?

ここ3週間あたり、ずっと顔がカピカピって感じで、化粧水をつけても、クリームをつけてもまったくダメ。頬の辺りはずっと毛羽だった感じで、ガッサガサ。。。はじめは頬だけだったこの症状が、最後は両脇の額まで進出していた。乾燥しまくりの冬にしっとりしていた肌が、この湿気の季節にこんなことになっていて、なんの原因も思い浮かばないので、これは排出なのかな~?なんて思ってた。お友達も春先に顔の皮がむける感じだった、なんてきいていたので。

だけど、できることなら原因をきちんと知りたいので、先日WFSの教室で天野先生に伺ったところ、原因はおそらく乳製品の排出、と言われた。先生もそのような症状が出た時期があったそう。マクロビオティックを始める前に週に2Lは確実に牛乳を消費し、フレンチもイタリアンも大好きでチーズもたくさん食べていた。さらにカスピ海ヨーグルトもかなり食べていた私は、大いに納得した。

さらに、先週の水曜日のオーガニックベース・ワンデイでは、前田先生が今の季節は呼吸器系の排出がある、と説明していて、「あ、だから頬か」と。さらにさらに典子先生のメルマガによると、今の季節は、体に貯め込んでいたものの影響が表にでてきやすい、とあった。

私の体も順調に排出しているだ~、と、見た目が悪いけど、妙に嬉しくもなったり。

今の時期は日焼け止めをちゃんとするから、毎年テカテカを気にする季節なのに、今回は笑っちゃうぐらい、そういうクリームつけても驚くべき早さで、すぐガッサガサになって、最後の方は、もういいやってほっぽらかしていた。脱皮のごとく、顔の皮がむけるんだもの。ファンデーションとかすると、よけいガサガサが目立つので、ずっと眉描くだけでした。

それが、ようやくこのごろ落ち着いて、皮の毛羽立ちもおさまって、しっとりを通り越し(というか水分不足なのかな)若干テカリが気になるぐらいになってきた。
とりあえず、脱皮は一段落完了かな(笑)。



で、ここからは私の妄想かもしれないんですけれど・・・よかったらお付き合いくださいませ。

この脱皮期間は昔・・最近のじゃなくて、かなり昔に貯め込んでいたモノも排出されていたんじゃないのかな。と思ってる。おそらく、まだまだ一部だけども。理由は、昔とても好きだったアーチストの作品に無性に触れたくなったり、自ら求めなくても、ひょんな事から出会っちゃったりもしたからだ(これは無意識には求めていたからなのかも知れないんだけど。。。)。早い話、引き寄せられるような感じを何度も受けた。それが一つじゃなくて、音楽、小説、学問など、影響を受けてきたいろいろな事で、こういったことが起きている。

排出の過程で体の奥底に貯まっていた毒が排出される際に脳にそれが回ったときに、また昔食べていたものが食べたくなる、って聴いていたけど、たぶん毒と一緒に感情や感性も閉じこめられているんじゃないのかな、そして、毒と一緒にそれがよみがえるんじゃないのかな。

だから、排出が起きて、昔好きだった作家達の作品を強く求めるんじゃないだろうか。。。
もちろん、その作家達は今でも好きなんだけど、今の私には中心的な存在ではなかった。

さらにこういうことも。

なんとなくふら~っと、以前歩きまわっていた本屋やレコード屋の場所に、ここのところ、執拗なぐらい出かけてしまってる。。。ひどい時には毎日。習性も排出しているのだろうか。そういった場所へ行くとなんか、良い本や音源に出会えたりもしてる。本当に呼ばれたように。今は亡き、池袋WAVE跡界隈にもナゼか行きたくなる(笑)。ジュンクとか用も無いのに、ムショウに行きたくなるのだ(レコファンもあったからなあ、昔)。あと、六本木界隈にもとても吸い寄せられる(やっぱWAVEがあったからかな・・・)。青山ブックセンター@六本木でも、自分好みのイベントやっていたり。

ただし、これには、こういった見方もできるだろう。
そういった作家達が作品をひさしぶりにリリースしたから出会ったのだ、とも。

きっとどっちもその通りなのではないのかな。

お互い引きつけられて、その一環として排出が始まったとも言えるんじゃないのか、と。
だって、特に引き寄せられたアーチスト達は、故人ではなく、今でも新しい作品を生み続けている人たちが多いから。

さらに、土曜日は高校時代から著作に影響されまくりの先生にも会えた(講演だけどね)。先生は今、とても活躍されていて、こういった巡り合わせにも何かを感じずにはいられない。しかも、その講演の会場が私には思い入れたっぷりの場所で、当時の私に教えてあげたい気持ちになってしまった。

・・・と、ここのところ、大きなスパイラルのようなものを感じずにはいられない!
という気持ちでいっぱいッス。
[PR]
by gabugabumaru | 2006-06-19 19:36 | まくみち。
<< 確かにちがう。 観ました。 >>